人気記事

Ubuntu

Ubuntu環境でddコマンドを使ってSDカードにイメージデータを書き込む手順

投稿日:

久しぶりにUbuntu環境でddコマンドを使った時に初歩的なミス(アンマウント忘れ)で時間を費やしてしまったため備忘録。

手元に存在しているイメージデータ(ここでは"abc.img"とします)をSDカードに書き込む場合です。

  1. SDカードをコンピュータに接続する前にlsblkコマンドを実行します。
    下図ではコンピュータ本体のディスクのデバイス名がsdaとなっています。


  2. SDカードを接続して再びlsblkコマンドを実行します。
    新たに表示されたsdbというデバイスがSDカードであると分かります。



  3.  sdbの欄に /media/tmp/BOOTと/media/tmp/rootfsと表示されており、自動的にマウントされています。マウント=ファイルシステムと接続した状態ではSDカードに書き込みができないため、umountコマンドを使って、アンマウントします。
    アンマウント後は下図のようにsdbの欄にパスが表示されなくなります。


  4. ddコマンドで書き込みを実行します。status=progress と引数を付与することで進捗が表示されます。
dd if=abc.img of=/dev/sdb status=progress

簡単ですが、ddコマンドの備忘録でした。

-Ubuntu

Copyright© ITエンジニアへの転身 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.