SharePoint

SharePoint予定表からExcelエクスポートしたテーブルの行数が不足した時の対処法

投稿日:

SharePoint予定表は組織内外で進捗を共有するのに便利なツールです。

ただ見た目がカレンダーになっているのでタスク管理はしづらいと感じていました。

調べてみるとExcelにリスト一覧をエクスポートできるとの事だったので試してみました。

予定表からExcelにエクスポートを実行します。

「リストをエクスポートするには、Microsoft SharePoint Foundation 互換のアプリケーションが必要です。」と表示されますがOKと進めると「query.iqy」というファイルがダウンロードできます。

query.iqyをExcelで開くと、下図のように「セキュリティに影響を及ぼす可能性のある問題点が検知されました。」と通知されますが有効にするとし、データのインポートはテーブルとします。

するとExcelに出力されますが、下図のように何故かテーブルの行数が不足しており、出力されないアイテムもありました。

そこでビューを「予定表」から「すべてのイベント」に切り替えてみました。

リスト形式で一覧が表示されます。

今度はリストからExcelにエクスポートしてみます。

すると先程出力されていなかったアイテムも出力されるようになりました。

しかし今度はオリジナルで作成したリスト(期限、メール配信先、テストワークフロー)が出力されていませんでした。

そこで今度はビューの変更を行ってみました。

表示する項目として期限、メール配信先、テストワークフローを追加します。

すると一覧にも表示されるようになりました。

同じようにリストからExcelにエクスポートするとExcel上でも期限、メール配信先、テストワークフローが追加されました。

まとめ


1.現在のビューを「すべてのイベント」に切り替える

2.ビューの変更で表示したい項目をチェック

3.Excelにエクスポートする

以上。

-SharePoint

Copyright© IT系でないエンジニアの転身 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.