Python RaspberryPi

RaspberryPi+Python+OpenCVで動体検知の値を画像に表示する

更新日:

動画の動体検知の出力値を画面上に表示するプログラムを作成しました。

OpenCVの関数を使うと短いコードで実現出来ます。

 

ソースコード

4行目:プログラムと同じディレクトリに置いた「motion_test.mp4」と名付けたファイルを読み込みます。

10行目:出力コーデックにH264を指定します。

11行目:mp4形式だとエラーになってしまったためavi形式を指定。引数の最後にFalseも必要のようです。

16行目:cv2.bgsegm.createBackgroundSubtractorMOGという混合正規分布を基にした前傾・背景分割アルゴリズムを用いた関数を使用しました。

22行目:上記のアルゴリズムを読み込んだフレームに適用します。

    動体値が0だと黒となり、動体値が0より大きいと白となります。

23行目:白になった画素数をカウントします。

26行目:OpenCVのputText関数を使ってカウント値をフレームに表示します。

 

結果動画

(1)入力動画(motion_test.mp4)

(2)動体のみを出力した動画

(3)入力動画に動体検知の出力値を付加した動画

 

参考

Python/OpenCVで動体検知!動画の動いている部分を検出

 

-Python, RaspberryPi

Copyright© IT系でないエンジニアの転身 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.